WordPressのテンプレートタグ

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



今度は、他の.phpファイルを出力したり、記事情報を出力したり、ブログ情報を出力したりするタグについて学ぼう。それがテンプレートタグだ。

WordPressのテンプレートタグには次のようなものがあるよ。

たとえば最初に紹介する「ブログのタイトルを出力」のテンプレートタグを使えば、テキストで入力しなくても、ブログのタイトルを出力してくれる。

このサイトでいうなら、「ど素人からでもプログラマ!」が出力されるというわけだな。なにも難しくない。(下記の例では何行もまとめて書いたけど、一行ずつ使えるから安心してくれ)

ブログの情報に関するテンプレートタグ

<?php bloginfo('name'); ?> //ブログのタイトルを出力
<?php bloginfo('description'); ?> //ブログの説明文を出力
<?php bloginfo('url'); ?> //サイトURLを出力

ブログ記事に関するテンプレートタグ

<?php the_title(); ?> //記事タイトルを出力
<?php the_content(); ?> //記事の本文を出力
<?php the_permalink(); ?> //記事のパーマリンクURLを出力
<?php the_category(); ?> //記事カテゴリー(リンク付)を出力

テンプレートファイルを出力するためのテンプレートタグ(インクルードタグと呼ばれる)

<?php get_header(); ?> //header.phpを出力
<?php get_sidebar(); ?> //sidebar.phpを出力
<?php get_footer(); ?> //footer.phpを出力
<?php comments_template(); ?> //comments.phpを出力
<?php get_search_form(); ?> //検索フォームを出力

どう?WordPressのテーマに使用されるphpファイル(2)で見たスクリプトで実際に使われていものもあるよね。

これで、かなりおおまかにだけど、ブラウザで見たときのWordPressサイトが、どんなプログラムで書かれているか、分かってきたんじゃないかな。

スポンサードリンク