変数を使う

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



今回は、変数について勉強しよう。

変人と書いたら変な人だけど、変数と書いても変な数という意味じゃないよ。

PHPの変数は何に使うかというと、値を代入するために使う。これをPHPエディタで入力してみてくれ。
変数

$a = “ふたつあるから”;

というのがあるね。これが変数だ。 $aふたつあるから というを代入している。

よく分からないだろうから、ひとつずつ説明しよう。

まず覚えて欲しいのは、変数は$ではじめるというルール。上の例でもちゃんと$で始まっているのが分かるね。変数は$ではじめる。オーケーだね?

そして、$の次にaが続いているわけだけど、これは変数の名前だ。変数の名前は自分の好きなようにつけていい。bでもいいし、xyzでもいいよ。でも、なんでもいいとはいうものの、自分の分かりやすいものにしておいくと便利だ。あとで見たときに分からなくなると困るからね。

ちなみに、PHPの変数名で使えるのは半角英数と_のみだ。あ、でも数字は変数名に使わないほうがいいぞ。変数名の先頭は数字であってはならないというルールがあったり、なにかと面倒のタネだから。

話を戻そう。$aの後に = があるね。変数名の後には=が続く。これもルールだ。=は数学だと、=の右と左が等しいという意味だけど、PHPではそうじゃない。=の左に=の右を代入するという意味だ。ちなみに、数学の=と同じように、右と左が等しいことを表したいときは、PHPでは==を使う。2つ続けて書くんだ。覚えておこう。

で、その右の、”ふたつあるから”っていうのが

値って言うと、なんか数学っぽいけど、PHPの変数では、数字も値にできるし、テキストも値にできる。テキストを値にするときは、上の例のみたいに ” と ” で囲むんだ。これはechoで文字列を出力するときと同じだね。

ここで、「あ、もしかして、echoで出力していたのも値なんじゃないか?」と思ったキミ。鋭いね。ピンポーン。正解だ。プログラムっていうものはこういう風に、値を扱って成り立っているものなんだ。

これでだんだんと変数の意味は分かってきたハズだ。つまり、

$a = “ふたつあるから”

っていうのは、$aふたつあるから というテキストを代入してくれ!っていう意味だ。言い換えると、「$a とは ふたつあるから  である」と定義しているとも言える。つまり、この後の行で $a と書けば、そこには ふたつあるから というテキストが代入されるというわけさ。

ここまでできたら、プラグイン化して、ローカル環境で動作確認だ。「XAMPP」フォルダ以下をもぐっていって「plugins」の中に置いて、WordPressの管理画面でプラグインを有効化しよう。やり方を忘れてしまったら、プログラミング練習3つの準備WordPressプラグインの作り方を復習しよう。

プラグインを有効化してサイトを表示すると、こんな感じで表示されるはずだ。
変数をechoで出力

どう?うまくいったかな?

もしうまくいかなかったら、ここからダウンロードできるようにしたから、自分の書いたものと比べてみてね。(ダウンロードして解凍すると、echo3というフォルダになっているぞ)

ところで、だ。ここまで読んでもまだ腑に落ちないことがあるはずだ。

「変数の最後に ; がついているけど、その説明がなかったよ?」と思ったキミ。残念。文字列を出力する echoの項でやったとおり、これは文の終わりに必ずつけるセミコロンだ。

説明がなかったのは、

echo “さくらんぼ ” . $a . “ 恋をする”;

の中にある、.(ドット)だね。

実は、echoで変数を出力したいとき、ただ

echo $a;

と書いても出力されない。

echo “$a”;

と書いても出力されない。

でも、

echo “さくらんぼ ” . $a . “ 恋をする”;

こんな感じで.(ドット)でつないであげると、変数の値がテキストとして出力されるんだ。これはさまざまなプログラムの中で目にすることになるだろうから覚えておこう。

■補足1

echo “{$a}”;

という風に、変数を{ と }で挟んであげてもテキストとして出力されるぞ。場合によってはこっちのほうが便利なこともある。

■補足2

ところで、echoで$aというテキストを出力したいとしたらどうすればいいかな?でも、今までの書き方では、変数の値として出力されるか、もしくは何も表示されないかになってしまうね。そんなときは、

echo ‘$a’;

と書こう。こうすると $a というテキストがそのまま出力される。今までとの違いが分かるかな?違いは、 (ダブルクォーテーション)が (シングルクォーテーション)になっていることだ。

(シングルクォーテーション)で挟んで書くと、変数としてではなく、書いたテキストがそのまま出力される。これも覚えておこう。

この項ではかなりたくさんのことを覚えたね。どんどん成長しているぞ。引き続きがんばろう。

スポンサードリンク