出力する場所を指定する

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



前項でやったPHPプログラム文字列を出力する echoでは、文字列を出力することができたね。

でも、変な場所に表示されてカッコ悪かった。そんなのイヤだよね。

なんで変な場所に表示されたかっていうと、それは、出力する場所を指定しなかったからなんだ。

ということで、今度は、出力する場所を指定するプログラムを書いてみるぞ。

これをPHPエディタで打ち込んでみよう。
出力場所を指定するプログラム

echo “PHPの勉強を始めました。”;

の部分はさっきと同じだ。分かるね。

違うのは、

add_filter(‘the_content’, ‘phpstudy’ );

function phpstudy(){

}

の部分だ。

きっと、これを見ても何が何だかサッパリ分からないだろう。

まぁ、これでどこに出力するか指定しているわけなんだけども、これは、関数というものを使っているぞ。

関数って聞くと、数学を思い出してなんか難しそうだなって感じるかもしれないね。でもね、PHPの関数は数学とは関係ないと思ってもらっていい。安心してくれ。

ところで、関数は英語で言うとfunctionっていうのは知っているかな?functionって聞くと、ふつう、「機能」っていう意味だよね。

実は、PHPでは関数っていう言葉こそ使われてはいるけど、実質的には機能っていう意味だと思ってもらって差し支えない。

つまり、関数を使えば、PHPにいろいろな機能をもたせて実行できる。ここでは出力場所を指定しているというわけさ。

まぁ、関数については後でがっつりとやるから、今は、「PHPの関数っていうのは機能っていう意味」ということだけ理解してもらえればいいよ。

このプログラムはWordPressで作成した記事の本文に出力されるように指定してある。

とりあえず、出力場所がヘンだとこの後のプログラムの勉強がやりにくから、このプラグインを使っていこう。

例によってローカル環境で動作確認だ。「XAMPP」フォルダ以下をもぐっていって「plugins」の中に置いて、WordPressの管理画面でプラグインを有効化しよう。やり方を忘れてしまったら、プログラミング練習3つの準備WordPressプラグインの作り方を復習しよう。

サイトを表示させると、ほら、
サイト表示

こんな感じで記事本文のところに、echoで指定した文字列が表示されたはずだ。(ここでは「PHPの勉強を始めました。」がechoで指定した文字列だ)

もしうまくいかなかったら、同じWordPressプラグインを用意したから、ここからダウンロードして自分が書いたのと違いを確認してみてね。

あと、このプラグインは、記事本文のもともとの記事を表示させずに、指定した文字列をに出力させるようになっているよ。あくまでこれからのプログラム練習用に必要なものとして、ローカルだけで使ってね。

add_filter(‘the_content’, ‘phpstudy’ );

function phpstudy(){

}

詳しい仕組みはしばらく後の項で説明していく。

とりえあえず、次いってみようか。

スポンサードリンク