Category Archives: WordPress

WordPressのテーマ twenty tweleveのグローバルナビゲーションの下層へのリンクを非表示にしたい

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



WordPressのテーマ twenty tweleveのグローバルナビゲーションの下層へのリンク。マウスをメニューにのせると表示される。これを管理画面で非表示にしたいとしよう。
2014-03-15_17h03_23

2014-03-15_17h09_39
新しく追加。

2014-03-15_17h11_11
名前を入力して、作成。

2014-03-15_17h16_19
リンクをクリック。

2014-03-15_17h18_13
こんな感じで表示される。

2014-03-15_17h19_23
メニューで表示したいURLとテキストを入力し、追加。

2014-03-15_17h21_58
こんな風に追加される。同じ要領で、メニューを追加していこう。

2014-03-15_17h46_32
ここにチェックを入れて、保存。

これでメニューにマウスをのせても、下層のリンクが非表示になったぞ。

スポンサードリンク

WordPressをマルチサイト化した後のアップロード容量変更方法

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



WordPressに画像をアップロードしていると、容量制限により、ある一定の容量を超えるとアップロードできなくなってしまいます。

マルチサイト化した後のアップロード容量変更方法、他に記事がなかったので、備忘録的に書いております。
(英語版で利用しているので日本語で利用している方は適宜読み替えてください)

Network adminのダッシュボード

Settings

Network Settings

Site upload space にチェックを入れ、何MBか数値を記入。

Save Changesをクリック。

スポンサードリンク

XMLサイトマップを分割作成できるプラグインBetter WordPress Google XML Sitemaps

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



僕がWordPressマルチサイトの一つとして運営しているTOEICスコアアップの教科書

徹底研究したTOEIC勉強法と攻略法300ページ。無料で問題集1,000問(音声付)、急所単語850(音声付)、リスニング強化ソフトを公開中だ(よかったら見てね)。

現時点で1,339ページあるんだけど、ここに問題がある。

1,339ページもあると、XMLサイトマップを分割しなきゃいけない。

Googleのガイドラインでいうところの、「1ページ内の妥当なリンク数」(=100個)を超えてしまうからだ。

でも、これまで使っていたXMLサイトマップ生成でおなじみのプラグインGoogle XML Sitemapsじゃ、どうもそれができそうにない。

ということでXMLサイトマップを分割できるプラグインを探してみた。

見つけたのが今回紹介するBetter WordPress Google XML Sitemaps (with sitemapindex and Multi-site support)だ(長!)。

WordPressマルチサイトにも対応しているらしい。さっそくローカル環境試してみたら、大丈夫そうだった。

ってことで、本番環境でもやってみよう。

バックアップをとって、ネットワーク管理者としてログイン。

プラグインをインストールして、ネットワークで有効化。

『TOEICスコアアップの教科書』のダッシュボードにログインして、Google XML Sitemaps with Multisite supportを停止。

画面左メニューの「設定」の下に「BWP GXS」というのができてるからそこをクリック。
BWP GXS

Sitemap Statisticsというタブの画面になる。sitemapindexというところをクリックすると・・・

Sitemap Statistics

こんな画面になる。投稿とかページとかに分けてサイトマップを作ってくれるみたいだ。

サイトマップindex

pageのところをクリックすると、1,339ページ分のURLが表示された。サイトマップを作ったらすぐにGooleとかの検索エンジンに登録しろって書いてあるけど、1,339ページあるからこのままじゃダメそうだ。

「Sitemap Generator」ってところをクリックして、100に設定してみた(デフォルトは5,000だった)。たいして更新しないから更新頻度のところはWeeklyにしてみた(デフォルトはDaily)。

Sitemap Generator

ちょっと下にスクロールすると、「Sitemap Index Options」ってとこがある。こぼ1行目は投稿についてのサイトマップの設定みたいだ(もしかしたらページも含まれているかも?)。100にしてみた。
Sitemap Index Options

あとは一番下にある

をクリック。

XMLサイトマップを確認してみよう。Sitemap Statisticsのタグをみると、以下のように表示された。サイトマップの作成が成功されたみたいだ。
サイトマップ生成に成功

sitemapindexをクリックすると、ちゃんと分割されて生成されてる。やったぜ。(各ページのリンクをクリックすると100URLずつ記載されてる)
分割

といいたいとこだけど、サイトマップのURLに?がついてるのがちょっと気になる・・・。

GoogleウェブマスターツールにサイトマップURLを登録したら、「送信頂いたURL」が「-」になってる。

やりなおしたら、「送信頂いたURL」が「1,101」送信ステータスが「×」になってしまった。

プラグインの方に Cache file for module page_part14 is not found and will be built right away. って表示がでてるから、どうもこれがくさい。

他のサイトではどうかと、このhttp://doshipro.com/のほうでもウェブマスターツールに登録したら、やったらちゃんと認識された。

TOEICスコアアップの教科書の方も、とりあえず7時間くらい置いてもう一回試してみら、「送信頂いたURL」1340件になった。けど、ステータスは「×」のままだ。

ちょっと様子を見てみよう。

追記:

次の日、ウェブマスターツールにアクセスしたら、ステータスがOK(チェックのマーク)になっていた。

ウェブインデックス内のURLはまだ1,014だけど、時間とともにインデックスされそうな気がする。

スポンサードリンク

マルチサイト化したWordPress3.3ネットワーク管理者としてのログイン方法

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



マルチサイト化した後、WordPress3.3にアップデートしたら、ネットワーク管理者としてログインする為のリンクの場所が変わった。

どこかなと思って探したら、ダッシュボード左上の「My Site」(日本語だと「参加サイト」)というところにマウスをのせると下に、「Network Admin」(日本語だと「サイトネットワーク管理者」)が表示される。

ネットワーク管理者

そこをクリックすればオーケー。

スポンサードリンク

WordPressマルチサイトをバージョン3.3にアップデートしたからその方法をシェアするぞ

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



1カ月くらい前にWordPressをマルチサイト化したのは前にもさくらインターネットのスタンダードプラン WordPressマルチサイト構築不完全マニュアルで伝えたけど、今回はそれをバージョン3.3にアップデートしたから、その方法をシェアするぞ。

事前準備として、バックアップとプラグインの無効化は忘れずにやっておこう。

1.特権管理者でログインして、画面左下のメニュー「Available Update」をクリック。日本語だと「利用可能な更新」みたいな感じだろう。
特権管理者メニュー

2.「Update Now」をクリック

3.アップデート中の画面。数秒で終わる。
アップデート中

4.「Welcome to WordPres3.3」と表示されたら成功だ。
Welcome to WordPres3.3

スクリーンショットを取り忘れちゃったけど、この後、マルチサイトのどれかのダッシュボードにログインすると、画面の上の方に「ネットワークを更新」という表示がでる。そこからネットワークをアップデートしてあげれば、マルチサイト全てにバージョン3.3が反映される。

変更点はいろいろあるみたいだけど、個人的には、画像とかのメディアファイルがドラッグアンドドロップでアップできるようになったのが便利だ。
ドラッグアンドドロップでアップロード

残業ゼロの時短テクでも紹介したけど、まとめてドラッグアンドドロップできると、何かと勝手がいいからね。

スポンサードリンク

WordPressのデザイン

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



WordPressでのWeb制作を自分の思うようにしたい。

ということで始めましたこのブログ、「ど素人からでもプログラマ!」。

WordPressで使用されているプログラム、PHPを学ぶために始めたのですが、やはりWebサイトを作成するからにはデザインにも少しはこだわりたい。

テーマは無料で配布されているけれど、そこに自分で作成したオリジナルロゴを加えてみたい。

ということで、adobeのPhotoshopを購入しました。

高額なソフトなので安く買う方法はないかとネット検索してみたところ、パソコンスクールisaというところで購入すると、使い方を教えてくれるeラーニング講座つきで、約33,000円。

通常、10万円前後するソフトなだけに、感激し、すぐに購入しました。

今インストールしているところで、待っている間にこのブログを書いています。cssなどの知識もつけ、オリジナルのサイトデザインを作成していきたいと思います。

スポンサードリンク

さくらインターネットのスタンダードプラン WordPressマルチサイト構築不完全マニュアル

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



ValueDomainでドメインを取得していて、さくらインターネットのスタンダードプランでWordPressマルチサイト(サブドメインではなくマルチドメイン)で運用したいと思い実行しようと思ったら、いろいろと壁にぶつかりつつもなんとかうまくいったので、私の行った方法を公開します。

スクリーンショットを撮っていなかった箇所もあるので、分かりずらいところもあるかもしれませんが、自己責任の上、ご参照頂けましたら幸いです。

■WordPressマルチサイト構築前の状況
ドメイン:バリュードメインで取得
サーバー:さくらインターネットスタンダードプラン
WordPressバージョン:3.2.1(さくらインターネットスタンダードプランのルートディレクトリ「www」直下にインストール済、運用中)

■データベースのバックアップ
まずはバックアップをとります。データベースのバックアップは、WP-DBManagerというプラグインを使用しました。

■テーマやプラグインなどのバックアップ
念のため、テーマやプラグインなどのバックアップも必要だと思ったので、FFFTPで「www」直下にあるファイルを全てダウンロードしてローカルに保存しました。

■マルチドメイン用のドメインを取得
Value domainで、マルチサイトとして追加したいドメインを取得します。私の場合、追加したいドメインが doshipro.com なので、これを取得しました。

■ネームサーバーの変更
バリュードメインの管理画面で、追加用に新しく取得したばかりのドメインdoshipro.comの、ネームサーバーの変更をします。
さくらインターネットのネームサーバーは、
プライマリネームサーバ:ns1.dns.ne.jp
セカンダリネームサーバ:ns2.dns.ne.jp
ですので、以下のように設定し、「変更」をクリックします。
ネームサーバー

さくらインターネットの会員メニューにログインし、「サーバ設定」から、「サーバコントロールパネル」に入ります。「ドメイン設定」→「新しいドメインの追加」→「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」の「ドメインの追加へ進む」をクリックします。

私の場合、追加したいドメインが doshipro.com なので、入力して「送信する」をクリック。
ドメインの追加
その後、確認画面が表示されるので、確認してもう一度「送信する」をクリック。

■プラグインの無効化
現在運用しているWordPressのダッシュボードで、使用中のプラグインを全て無効化します。

■WordPressのマルチサイト化の設定
現在運用しているWordPressのwp-config.php ファイルの適当な位置に以下の一行を追加してFFFTPでアップロードします。

define (‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

使用エディタ:サクラエディタ
文字コード:UTF-8 (BOMなし)
※wp-config.phpはメモ帳で編集してはいけません。UTF-8対応のテキストエディタを使用しましょう。私はサクラエディタを使いました。サクラエディタのWebサイトで「インストーラパッケージダウンロード」→「Unicode 対応版」と進み、「Looking for the latest version?」という表記の右をクリックして最新版をダウンロードします。(サクラエディタさんのWebサイトの表記が変わっていたら、適宜読み替えてください)

運用中のWordPressのダッシュボードの画面左メニュー「ツール」内に「ネットワーク」という項目が追加されていますので、クリック。ネットワーク作成の画面になるので、「サブディレクトリ」にチェックを入れ、「インストール」をクリック。(ここ、少しうろ覚え。もしかしたら、この画面は表示されず以下のプロセスに直行だったかもしれない)

やるべき3つの作業が表示されます。ここは、実際にダッシュボードにログインし、操作しながら読むことをお勧めします。

作業1.「wp-content/blogs.dir となるよう blogs.dir ディレクトリを作成してください。このディレクトリは追加サイトにアップロードしたメディアファイルを保存するために使われるため、サーバーが書き込み可能である必要があります。」

「blogs.dir」という名前の空のフォルダをローカルで作成し、「wp-content」直下にFFFTPでアップロードします。

作業2.「www にある wp-config.php ファイルの、/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */ という行より上に以下のコードを追加してください。」

以下のような感じのコードが表示されているので、コピーして、あなたのwp-config.phpに貼り付け、FFFTPでアップロードします。
コード
(example.comの部分は、あなたの運用中のドメインになっているはずです)
ちなみに、私はここで愚かにも参考にしていたWebサイトからコードをコピーしてしまい、うまくいかず悩みました。必ずあなたの環境で表示されたものをコピーアンドペーストで使用しましょう。

作業3.「.htaccess ファイルに次を追加し、ほかの WordPress のルールを置き換えてください。」

ルートディレクトリ「www」直下にある「.htaccess」というファイル(なければ作成する)に、以下のようなコードを丸ごとコピーします。
コード
ここでも、あなたの管理画面で実際に表示されたコードをコピーアンドペーストしてください。私は「.htaccess」にもともと記述してあったものは全て削除し、上記のようなコードを貼り付けました。
作成する場合、「.htaccess」は最初に.(ドット)がついているのでご注意ください。
サクラエディタで上のメニューの「ファイル」→「名前をつけて保存」から以下のように設定し、「保存」をクリックすれば作成できます。
サクラエディタ

ちなみに私はこのとき、「www」直下ではない別のディレクトリ内に「.htaccess」が存在していましたが、新たに作成した「.htaccess」を「www」直下にアップロードしました。特に問題はありませんでした。(私が気づいてないだけかもしれませんが)

この3つの作業を終えて再ログインし、ダッシュボード画面の右上のサイト管理者名の右の「▼」をクリックすると、「ネットワーク管理者」という項目があるので、クリックする。(ここ、少しうろ覚えです。もしかしたら、再ログインしたときすでにネットワーク管理者の画面だったかもしれません)

■WordPress MU Domain Mapping のインストール

プラグインWordPress MU Domain Mappingをインストール。管理画面のプラグインの画面で「WordPress MU Domain Mapping」で検索して、インストール。そしてプラグインを有効化しました。

プラグインディレクトリの wordpress-mu-domain-mapping にある sunrise.php をwp-contentディレクトリにコピー。

wp-config.phpの/*編集が必要なのはここまでです*/の上辺りにdefine( ‘SUNRISE’, ‘on’ ); を追加。

ダッシュボードの「設定」にDomain MappingとDomains が追加されれば成功です。

■サイトの追加

ダッシュボードで「新規サイトを作成」をクリック。
WordPressで新規サイトを作成

「サイトのアドレス」に任意の半角英数字を入力。入力欄の上にメインサイトのドメイン名が示されているが気にしなくて大丈夫です。半角英数字は自分で意味の分かるものにした方がよいと思います。「サイトのタイトル」に任意のタイトルを入力。「管理者メールアドレス」に、メールアドレスを入力。「サイトを追加」をクリックします。
マルチサイト

ダッシュボード画面左メニューの「Domains」をクリック。
Domains

「Site ID」には半角英数字で記入。どんな数字を入力するかですが、1つめの追加ドメインの場合、「2」となります。
サイトID
※ちなみに、ここでもハマリました。上記「新規サイトを作成」で初めて「サイトのアドレス」を入力した際、実験だと思って適当な英数字を入力し、削除しました。その後、意味の分かる英数字で新規サイト作成して「Domains」の「サイトID」で「2」を入力したところ、うまくいきませんでした。しばらく悩んで「3」と入力したら成功しました。これは「新規サイトを作成」で作成しその後削除したものがID「2」として扱われているためだと思われます。

画像で私の場合は6と入力してありますが、これは4つめの追加ドメインであるためです。(上記の余計な実験がなければ「5」だったはずです)

WordPressマルチサイト追加成功

■追加したサイトの設定

画面左上のメニューから「サイト一覧」をクリック。
サイト一覧

マウスを載せると画像のようになるので「編集」をクリック。
編集

「情報」のタブで、画像のように設定、「変更を保存」をクリック。
編集

「テーマ」のタブで、テーマを有効化。(あとで追加したり変更したりできますが、とりあえず有効化しないと表示確認ができませんので、表示されているものを有効化します)
テーマ

「設定」タブで、最低限、以下の項目を確認し、なにか変な表示だったら入力しなおして、一番下の「変更を保存」をクリック。(私の場合は、「Siteurl」と「Home」に入力さていたURLが本来設定したいものと異なっていました。これは私の設定のどこかにミスがあるということかもしれません)
WordPressマルチサイト設定

Home

■追加したサイトの設定

再び「サイト一覧」をクリックし、一番下にある「/」のあたりにマウスを載せると画像のようになるので、「ダッシュボード」をクリック。
ダッシュボード

ログイン画面になるので、ネットワーク管理者のIDとパスワードを入力してログイン。

画面左メニュー「Appearance」で任意のテーマを選択し有効化する。

ダッシュボード一番上のサイトタイトルをクリックし、サイトが表示されれば成功。ここまでできれば、一通りうまくいったと言えます。おめでとうございます。

ダッシュボードを日本語化したい場合は、画面左メニューの「Settings」→「General」→「Site language」で「Japanese」を選択。「Save Changes」をクリックします。このとき、日本にお住まいであれば「TimeZone」も「Tokyo」設定するとよいでしょう。

以下、その他の設定について。

■ネットワーク管理者

ネットワーク管理者は、マルチサイト化したすべてのサイトの一覧を見たり、追加することができます。追加したサイトのダッシュボードの画面右上のユーザ名をクリックすると「ネットワーク管理者」というリンクがあるので、クリックすると、ネットワーク管理者のダッシュボードに移行します。

■プラグインの追加方法

ネットワーク管理者のダッシュボードのメニュー「プラグイン」の「インストール済のプラグイン」から、任意のプラグインを「ネットワークで有効化」すると、マルチサイト全てに適用されます(中には、されないプラグインもあるようです)

また、各サイトの管理画面でプラグインを有効化すれば、そのサイトだけでプラグインが有効化されます。個別に設定すべきものもあります。たとえば、私はアクセス解析のため、Ultimate Google Analyticsを利用していますが、ドメインごとのアクセスを調べたいので、個別に設定しています。(ネットワーク有効化で個別にアクセス解析できる方法もあるのかもしれませんが)

■パーマリンク

マルチサイト設定直後は、パーマリンクの設定が、ページタイトルになっています。

ダッシュボード画面左メニューの「パーマリンク設定」をクリックし、
パーマリンク

好きなものにチェックを入れ「変更を保存」をクリックします。
パーマリンク

■ping送信について

ping送信は、ネットワーク管理者のダッシュボードで「サイト一覧」→「編集」→「設定」→「Ping Sites」からできると思われますが、私はcbnet Ping Optimizerというプラグインで設定しております。

参考サイト:
サーバーやwordpressやあれこれお勉強
WordPressのマルチサイト機能で複数のブログを管理する
Lovelog
WordPress Forum
WEBLE

スポンサードリンク

マルチサイト設定の「Domains」Site IDでハマる

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



WordPressでマルチサイト設定した際、新たに表示されたメニュー「Domain Mapping」と「Domains」。

domainsとdomain mapping

「Domains」でIDとドメインを設定するわけですが、どうすればよいのか。
domains

ネットで調べてまわると、新しく作成するときはSITE IDは2になるとのこと。なので「2」と入力し、ドメインも入力。これでいいはず、と、追加したサイトを開くとなぜかメインサイトが表示される。なぜ?

そういえば、調べたときは、事前にネットワーク管理者メニューの「サイト」の「新規追加」の設定を行う際にはIDが表示されると書いてあったのですが、自分でやったときは表示されなかったことを思い出します。なにかがおかしい。

新規サイトを追加

▲サイトのアドレスでは任意のディレクトリ名を入力するが、その後「Domains」でドメインを指定することができる。

またいろいろ調べて回るも、それらしき情報はない・・・。しばし悩む。

そういえば。サイトの新規追加のときに、試しに適当に入力して登録し、その後削除したのでした。ひょっとして、あれがID2となっているのでは・・・?ということで「3」に変更してみた結果、あっさり表示。

自分、乙。

教訓!

自分の行った作業は忘れないようにしよう。それがたとえ些細なことに感じられたとしても。

スポンサードリンク

Please uncomment the line define( ‘SUNRISE’, ‘on’ ); or add it toを解決

Pocket
LINEで送る


スポンサードリンク



WordPressでマルチサイト設定した際、新たに表示されたメニュー「Domain Mapping」と「Domains」。

domainsとdomain mapping

クリックしてみると、

Please uncomment the line define( ‘SUNRISE’, ‘on’ ); or add it to (ルートディレクトリ)

というエラーメッセージが表示されました。

おかしいな、確かに設定してあるはずなのに・・・。wp-config.phpを確認してみると、やはり記述してあります。理由がわからず、ネットで検索するも、手がかりは見つからず。

どうしてなんだろう。参考にしたサイトの通り、やっているつもりなのに。

サーバーの設定が影響しているのか?いろいろ設定を見直すも、分からず。悩むこと数時間。

再度検索しなおすと、WordPressのフォーラム(英語版)で、同様の悩みを持つ方がいました。なんと、Webサイトからコピーしたスクリプトが間違っていたそうです。

あ。そういえば自分も・・・。WordPressの情報を主にネットから得ていたので、参考にしたWebサイトからスクリプトをコピーすることはしょっちゅうでした。

ということで、ダッシュボードに表示された define( ‘SUNRISE’, ‘on’ ); をコピーアンドペーストして再アップしたところ、あっさり解決。コピー元の情報が古かったのか、何なんなのか、理由は分かりませんが、とにかく今のバージョンでは使用できないものだったようです。

それにしても、「答えは目の前にあったんだな」と思うと、なんとも回り道をしてしまったな、という気がします。

教訓!

素直に従うなら、最も信頼できる情報からにするべし。

スポンサードリンク